亜鉛の過剰摂取でハゲる!?バーコード頭になる前に対策っ | Value-Creation

亜鉛の過剰摂取でハゲる!?バーコード頭になる前に対策っ

2016年9月9日

スポンサーリンク

脱毛対策に効果があるといわれる亜鉛。過剰摂取になるとハゲるなんて噂がありますよね。おそらくあなたもそれを聞き、このサイトに見に来て下さったのだと思います。

  • 亜鉛の過剰摂取でハゲるのか?
  • 脱毛の原因ってなんだったっけ?

これらについてお伝えしようと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

結局亜鉛の過剰摂取でハゲるの?ハゲないの?

一番これが気になりますよね。 結論から言いますとハゲる可能性があるです。

亜鉛を摂取すると男性ホルモンの一種、テストロテンの分泌が促進されるんですね。

男性、特に若いうちはテストロテンの分泌が多いんですよ。そこに亜鉛による分泌促進効果が重なり、結果脱毛効果が出てくるというわけです。

だったら世の男性は30代になるまでにみんなハゲるじゃん。でもそうじゃないですよね(笑)。 どうしてなんでしょう?

そもそもハゲてしまう原因は?

不思議

”男性ホルモン(テストロテン)が多い=ハゲる” こう思ってる人って多いですよね。実はテストロテンだけでは薄毛の原因にはならないんです。”テストロテン×5a還元酵素=ハゲる”これが真の原因なんです。

5a還元酵素はテストロテンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換させる効果があります。このジヒドロテストステロンこそが脱毛の原因

じゃあテストロテンが増えたら、酵素の影響でDHT過剰分泌しちゃうじゃん! と深読みしたあなた。大丈夫です。テストロテンが増えても酵素の量は変わらないので胸毛・すね毛などの体毛が濃くなるだけで脱毛の心配はありません。

しかし、元々酵素が多かった場合、これは深刻ですね。 5a還元酵素のなかでも”5αリダクターゼ酵素 ”一番の原因であるこの酵素を抑える方法を紹介します。

ハゲる原因の5αリダクターゼ酵素を抑制しよう!

ここでは有名な物と身近な物を紹介します。

有名な物

  • フィナステリド
  • ソーパルメット

この2つです。  

フィナステリド

育毛剤・薬としても販売されています。

臨床試験では服用者の多くにある程度の発毛が認められる wikipediaより

というように効果は確認されています。 ただ、

  • 性機能不全
  • うつ病などの精神的なもの
  • 皮膚病
  • 内臓不全

等の副作用もあります。理解したうえで使用するようにしましょう。  

ソーパルメット

こちらは果実のエキスです。そのため副作用はあまりみられません。 しかし、

  • 頭痛
  • 下痢
  • 吐き気

当の副作用が稀にみられるようです。

身近な物

上の2つほど効果はありませんが・・・

  • 緑茶
  • みかん
  • アロエ
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6

等は効果があります。少しでも効果があるなら実践して損はないですね!

亜鉛の過剰摂取は大丈夫なの?

結論から言うとダメです。 過剰摂取してしまうと

  • 鉄分の欠乏による貧血
  • めまい
  • 吐き気
  • 免疫機能障害

等の症状が出ます。 また、不足してしまうと

  • 味覚障害
  • 免疫力低下
  • 成長障害
  • 性機能障害

等の症状がでます。 何事にも限度が大切ですよね。ちなみに亜鉛の1日の限界量は30mgです。超えないように注意しましょう。

まとめ

亜鉛の促進作用によって増えるテストロテンに5a還元酵素の5αリダクターゼ酵素が作用して、ジヒドロテストステロン(DHT) ができるこれこそがハゲる原因!

だからと言って亜鉛の過剰摂取は厳禁!みなさんも正しい知識を持って薄毛予防につとめましょう!

スポンサーリンク

髪の悩み

Posted by daichi