大杉漣の息子はカメラマン!写真展情報2019年やインスタ情報を公開!

2019年8月27日

大杉漣さんの息子である大杉隼平さん。

父親がなくなる3日前には食事をするほどの仲だったようです。

 

父である大杉漣さんのライブ撮影にも行っていたようです。

そんな大杉漣さんの息子でカメラマンである大杉隼平さん

写真展の情報についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

大杉漣の息子はカメラマン!についてとインスタ情報、経歴など

大杉隼平さんのインスタですが、

さすがカメラマンだけあって、オシャレな写真が勢ぞろいしています。

 

日本写真芸術学校を中退し、東南アジアへ。

22歳になった2004年からロンドン芸術大学で写真とアートを学び、

日本に帰ってきた後アシスタントへ。

 

2008年から株式会社ザッコに入り、

雑誌、テレビ、広告カタログなどで活躍中です。

大杉漣の息子はカメラマン!2019年の写真展の情報は?

大杉隼平さんは今年の4月、

徳島で初の写真展「wherever -揺れゆく時の中で-」 を開催したようです。

なき父大杉漣さんにささげるというコンセプトで行ったようです。

 

かなり昔から、父の故郷である徳島で写真展をやりたいとおっしゃっていたようで、

仲間の協力のもと、今年の4月に実現できたみたいです。

 

東京周辺では毎年写真展を定期的に行ってるようで、

年に数回程度行っているようです。

 

また、今後の写真展についての詳しい日時はまだ出ていないので、

情報が出次第、当ブログでも取り扱っていきます。

大杉漣の息子はカメラマン!写真展やインスタ情報を公開!のまとめ

いかがだったでしょうか?

一般的に有名な息子、娘が有名になると

「親の七光り」と揶揄されることが多いです。

 

しかし、大杉漣さんの名前に頼らず、キッチリ腕を磨いてきた

大杉隼平さんだからこそ、

仲間が協力してくれたり、写真展を毎回開いたりできるのでしょうね。

 

今後も大杉漣さんの思いも背負いつつ、

大杉漣さんの息子!ではなく、大杉隼平カメラマンという名前を

全国にとどろかせてくれることを楽しみにしています^^

スポンサーリンク

大杉漣

Posted by daichi