なぜ24時間テレビで感動vs偽善番組派が出てくるのか?様々な視点から考えてみた

2019年8月27日

毎年放送される24時間テレビ。

学生の頃は毎年家族で楽しみながら見ていました。

 

しかし、近年の24時間テレビは、昔のように感動と言う気持ちを持つ人もいつつ、

反対派の方も出てきています。

 

僕個人の意見としては

 

  • たしかに番組は感動できるし、素晴らしい
  • しかし、反対派の方々の意見はごもっともなわけなので、判断が難しい所

 

と、一個人の意見ではなかなか難しいところがあります。

という事で、今回は様々な視点を紹介しつつ、なぜ24時間テレビが

 

感動した、最高!vs偽善番組乙

 

となってしまうのか、考えて行ければと思います。

 

なぜ24時間テレビが感動VS偽善番組の意見に分かれてしまうのか?

まず、24時間テレビの感動派の意見から。

 

https://twitter.com/Izgf1h1vOl5yuBl/status/1165489724451983360

 

この方々は皆さん感動のコメントを残しています。

 

さて、では反対派の方々の意見も載せて行きましょう。

 

 

僕がパッとツイートを見たところの意見ですが、

反対派のツイートが多かったような気がします。

では、この結果について少し考察していきます。

 

なぜ、反対派の意見が多く出てしまうのか?

 

このアカウントがかなり的を射てるなと思いまして、

反対派の方々は、番組の物語や出演者を叩くというよりは

 

  • チャリティーと言いつつ、出演者は全員ギャラを貰っている
  • 番組側もがっぽりと稼いでいる
  • 感動を演出して見世物にしている

 

と言った部分へ反感を抱いているようです。

 

これが例えばただ単に「夏の特別番組」と言う位置づけであれば

このような考え方をしなくて済むのですが、

チャリティーを歌ってるあたりにうさん臭さを感じてしまうという事でしょうね。

 

しかも、製作費もばかにならないわけなので、

先ほどのアカウントの方が呟いている通り

 

「お金を使って障がい者の方々をテレビに出す」よりも

「お金を使って障がい者の方々の解決をする」のが大事だと感じます。

 

ですが、番組に出演している方々の頑張りは本当に素晴らしいので、

これは難しい問題です。

テレビ側もビジネスでやってる事ですしね。

 

ですが、なんだかんだ見る人がいるという事で、これからも24時間テレビは続くのではないでしょうか?

 

ちなみに、僕個人としては反対も賛成もできません。

どちらの意見もきっちりしているからです。

24時間テレビを見て元気を貰える方も一定数いますので。

 

コンセプト通りの番組になれば良いなとは思いますが、、、。

来年以降はどうなるのでしょうかね。

 

良ければ、コメントであなたの意見も聞かせてください。

皆さんがどのような意見を持っているのか気になります。

スポンサーリンク