音読みと訓読みの見分け方知ってますか?簡単に区別できるのか!?

2016年6月2日

スポンサーリンク

小学生の国語の時間に習った、音読みと訓読み。

見分け方って覚えていますか?

なんとなくでわかるけど、しっかり見分けられる方法を覚えておくと便利ですよ!

スポンサーリンク

音読みと訓読みの見分け方

意味が通じるかどうか

その字を見て、意味がわかるなら訓読み、

意味が伝わってこないなという場合には音読みの可能性が高いです。

この漢字を例にとってみてみましょう。

 

この漢字は単体だと”シュ”と読みますよね。でもそれだけじゃ

どれかわからない・・・。

つまり、それ単体では意味が分からない場合、熟語の場合のみ意味が分かる場合、音読みになります。

”て”と読む場合はどうでしょう?ああ、いま自分が使っているこの”手”だなと理解できますよね?

それ単体で意味がわかる場合、訓読みになります。

 

 

では、読 という漢字はどうでしょうか?

送り仮名で見分ける

読という漢字

  • 音読みは”ドク”
  • 訓読みは”よ”

まてよ・・・どっちも聞いただけでは意味が分からないじゃないか!?

そんなときに見分ける方法が、送り仮名

”読む”という風に、送り仮名をつけたら意味が分かりますよね。

読むと書いて”どくむ”とは読まないですからね(笑)

 

  • まず漢字単体で意味が分かるか見分ける
  • 意味が分からなければ音読み、意味がわからなければ訓読み
  • どちらも分かりづらいときは送り仮名をつける
  • 送り仮名がつけられなければ音読み、つけられたら訓読み

 

迷ったらぜひ実践してみてくださいね。

実は例外もある!?

”茶”という漢字、読み方は”チャ”。これだけでお茶のことだなとわかりますよね。

でも、実はこれ音読みなんです。びっくりでしょ?

 

このようにどちらか判別しにくい漢字もあります。

見分け方はあくまでテクニックとして使って、わかりづらいところは覚えるしかないようです。

他にも探せばたくさんあるかもしれませんね。

 

音読みと訓読みの違いを知ることも大事。

見分け方と似てくるところがありますが、

音読みと訓読みの違いについて知ると、もっと見分けやすくなるかもしれませんよ?

興味がある方はこちらもよんでみてください。

 

何読みか意識して漢字に触れると、文章に触れることが楽しくなってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

雑学

Posted by daichi